三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

ニコプチ次号6月号で行われる3つの重大発表

3大発表号

f:id:GYOPI:20161221024101p:plain:right来月22日発売となるニコ☆プチ2017年6月号では、プチ読にとって特に注目度の高い発表が3つも集中します。

1つ目が着まわし新シリーズの主役は誰か? 通年連載の第1話が6月号からスタートするわけですが、いったい誰が2017年度シリーズの主役を任されるのか。次号、いよいよ明らかになります。

2つ目は新スー読ちゃん昇格の発表。これまでの昇格発表は、4月終わりに実施されるイベント「プチコレ」にて、来場した読者にだけ先行お披露目。その他大勢の読者に対しては、ずっと後の8月号誌面で発表されていました。それが今年は6月号発表に繰り上がり。つまり、プチコレよりも先に、誌面で発表されることになります。

そして3つ目はもちろん、プチ読のみならず、ニコ読も大注目の2017年ニコラ行きの発表。6月号といえば、新中2となるプチモの卒業特集号ですが、同時に「○○ちゃんは今後ニコラのモデルになります!」とお知らせがあります。さてさて、今年のニコラ行きは誰になるのでしょうか?

着まわし予想

ということで、三月の転校生では、それぞれについて予想していくわけですが、すでに「スー読ちゃん昇格予想」については、先週実施済み。秋本莉奈ちゃん昇格を昇格候補としてあげました(⇒参考:新スー読への道)。

一方、3番目のニコラ行きについては、ただいま最後の準備中。こちらは来週中にも更新予定となっています。

そこで今日は、残った着まわし主役予想。2017年度新シリーズのメーンを任されるのはいったい誰か。さっそく予想していきます。

主役の条件

着まわし物語シリーズは、1年間通じて連載されるニコプチ最大の企画ですので、当然その主役はというと現在のエース"級"、もしくは次期エース候補が選ばれることになります。

実際、2016年度シリーズは、次期エース候補である高田凛ちゃんによる単独主役で「リンちゃんのピピピ恋のカラクリ着まわし物語」。

2015年度のシリーズは、当時まさに売り出し中だった伊藤小春ちゃん&岩崎春果ちゃんによる"コハルカ"コンビが主役の「コハルカSPEC学園」。

そして2014年度シリーズは、その直前のオーデで合格したばかりの岡本結芽乃ちゃんが、イキナリ主役に大抜擢となった「ゆめのん タイムトラベル」。

現エース級?次期エース?

さらにさかのぼって2013年度。この年は、後にピチレモンに行ってエース候補となったり、現在はそこから移籍したラブベリーでも専属候補となっている杉本愛莉鈴ちゃんによる「マリリン刑事の着まわし事件簿」。

で、着まわしシリーズにおける"1人のプチモが主人公として1年間メーンを務める"という現在の形が出来上がったのが2012年度。記念すべきシリーズ化第1弾が金泉杏美ちゃん主演「魔法使い あみたん」。

とまあ、こんな感じで通算すると5年間。いずれのシリーズにおいても、その主人公は、当時のトップ"級"、もしくは期待の新人が務めていることが分かります。

ちなみに、それ以前の着まわし物語は、1話完結や前編後編の2回モノなど、各プチモが順番にメーンを務める形となっていました。

エースではなくエース"級"

さて、ここまで読んできて、ちょっと気づいた人もいるかと思います。そうです。主役には、その年度におけるナンバーワン、つまりは正真正銘トップが不在なのです。

上の文章中で、エースではなく、あくまで「エース」。トップではなく「トップ」となっているのもそのためです。

具体的には、2016年度シリーズでいうと表紙回数歴代3位で現エースの黒坂莉那ちゃんが。2015年度では、ニコラに行った涼凪ちゃんが。2014年度でいうと、このたびニコラ部長を決めた香音ちゃんが、それぞれ主役から外れています。

また、2014年度は、同期トップの表紙回数を誇る中園侑奈さんが。2013年度でいうと「ニコラ⇒セブンティーン」コースの永野芽郁さんが。2012年度では、プチモ史上ナンバーワンの人気を誇った阿部紗英さんが外れているように、とにかく徹底して、それぞれの時代のトップが全く主役に選ばれていないのです。

着まわし主役の位置づけ

このことから、編集部が「着まわし=エースの仕事」として捉えていないことは明らかです。では、着まわし主役の位置づけは?

すると、同シリーズの主役に抜擢されるタイプには、3つのパターンがあることが見えてきます。

その1。去年の凛ちゃんのように大々的に次期エースを売り出す場

その2。愛莉鈴ちゃんや杏美ちゃんのケースような、エースにはなれない2番手クローズアップの場

さらには、結芽乃ちゃんや小春ちゃんのように、遅めの小6加入(小5の終わり含む)のため、わずか残り1年ちょっとで卒業することとなってしまう短命救済策としての新人さんをイキナリ抜擢する場

2017年度はどうなる?

では、2017年度はどうなるのか。上記3パターンについて、それぞれのケース別に予想してみたいと思います。

まずは次期エースパターンから。今回、この形で主役が選ばれるとしたら? もちろん現小5で新プチモながら圧倒的な読者人気と、長いニコプチ歴。編集部の推しも加味して琴楓ちゃんしかいません。

続いて、ナンバーツーをクローズアップさせるパターン。こちらからは、凛ちゃんに次ぐ表紙回数現役2位。高い読者人気はもちろんのこと、何より完璧スタイルに、しっかり者&まとめ役の優等生キャラとして、安定感抜群の安村真奈ちゃんで決まり。

で、最後の新人大抜擢パターン。現小6で、新人ながら残りの任期わずか1年。それでも完成度の高さと豊富なお仕事経験。まさに2014年度シリーズの結芽乃ちゃんと被るのが前田優衣ちゃんです。

まとめ

ということで結論。2017年度のシリーズ主役は、次期エースとして琴楓ちゃん。現ナンバーツーとして真奈ちゃん。大抜擢ケースで優衣ちゃん。以上3人を候補としてあげてみます。

ちなみに、物語のジャンルはどうなるのか。ここ3年、超能力にタイムトラベル、人型ロボットといったSFモノが続いているので、そろそろ原点回帰と予想します。

かつて、森高愛ちゃんが一世を風靡した探偵モノや、愛莉鈴ちゃんの刑事モノなどなど、初期に好評だった推理系シリーズがそろそろ復活するのではないかと思いますがどうでしょう。