三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

ニコラ2018年度イメモ予想★最終結論★

お知らせ

f:id:GYOPI:20170530034035p:plain:rightまずはお知らせから。前回の日記「新プチモ人気投票」において、投票サイトのリンク先アドレスが間違っていました。

現在、すでに該当部分は訂正しましたが、正しいアドレスはこちらとなります。(⇒新プチモ人気投票)

ということで、まだ投票を済ませていない人は、この機会に改めてぜひ投票お願いします。

イメモ予想シリーズ最終回

ニコラ2018年度のイメモ発表が、いよいよ、あと4ヵ月後に迫りました。

これに先立ち、ちょっと前の日記では、イメモ予想企画として、3つのブランドにつき、それぞれ誰がイメモにふさわしいか、誰がイメモに就任すると思うか、投票を実施しました。

すると今日までに、各ブランドとも1000人を超える投票が集まったので、今日は集計結果を発表し、そこから見えてくるニコ読さんたちの総意・見解をまとめた上で、三月の転校生としての最終結論まで出してみたいと思います。

投票ルール

集計結果をまとめる前に、まずはイメモ予想投票のルールをおさらいしておきます。

投票の受付開始は2017年11月19日から。ピンクラテ、レピピ、ラブトキシックの3つのブランドそれぞれに、現中3モ7人を候補として提示。その中から1人を選択してもらう形式で、投票を作成しました。

なお、現在も投票することは可能ですが、とりあえず1ヶ月以上が経過したということもあり、12月30日現在の票数で集計してあります。

集計ルール

原則として、得票数1位から4位までの上位4名を発表。5位以下は、まとめて「その他」と分類します。

ただしレピピのみ、上位3人の集票が圧倒的で、それ以下とは大きな差があったため、4位以下をその他でまとめました。

また、グラフにおいては、各モデルさんを色別に分類。秋田汐梨ちゃんが「赤」。川床明日香ちゃんが「青」。泉口美愛ちゃんが「オレンジ」。宮原響ちゃんが「緑」。涼凪ちゃんが「紫」となっています。

レピピの予想集計

f:id:GYOPI:20171231015752p:plain

汐梨ちゃんで確定?

この通り、レピピは汐梨ちゃんの独壇場。500票以上を集め、なんと支持率は56%となり、過半数を優に超えてきました。

ここまでニコ読さんの意見が一致するところを見ると、さすがにレピピは汐梨ちゃんで決まりと思わされるところです。

実際、2016年&2017年と2年連続でレピピブックに出ているのは、現中3では汐梨ちゃんだけ。一方で、最大のライバルとされる明日香ちゃんのレピピブック実績はゼロというのも、「レピピ=汐梨ちゃん説」の有力な根拠となっています。

さらにいえばここ3年の間、「部長=ラテ」「エース=レピピ」といった"住み分け"がなされている点も見逃せません。うちの部長予想の最終結論は「アスカ部長&シオリ副部長」ですので、この点も見事に合致。

ということで以上まとめると、明日香ちゃんが部長に就任することを前提にした上で、投票結果の通り、汐梨ちゃんは副部長ながらレピピを取るというケースが最もしっくりくる印象です。

ピンクラテの予想集計

f:id:GYOPI:20171231015820p:plain

響ちゃんならここしかない!

この通り、ラテの投票結果は、明日香ちゃん、美愛ちゃん、響ちゃんの3人が、それぞれ一歩も引かずに僅差で争っています。

で、ここでのポイントは、なんといっても、現中3において実質4番手扱いである響ちゃんが、3強の一角に入ってきているということ。

実際問題、レピピは部長(副部長)の特権。ラブトキはスタイル&おしゃれ重視のクール系。そう考えると、確かにラテこそが最も響ちゃんに合っているといえるし、まさに響ちゃんがイメモになるならここしかないといったところでしょうか。

あとは、ここ3年の間、連続で「ラテ=部長の指定席」となっている現状との兼ね合い次第。

具体的には、明日香ちゃんが部長なら、例年通りラテに回ってくるはずで、もし明日香ちゃんが例外的にラブトキに回った場合にのみ、響ちゃんにもイメモのチャンスが巡って来るといえそうです。

ラブトキシックの予想集計

f:id:GYOPI:20171231015835p:plain

涼凪ちゃんこそピッタリ

この通り、ラブトキシックの投票結果は明日香ちゃんと美愛ちゃんの一騎打ち。と、見せかけて、実はちゃかり、1つのポイントも隠されていたります。

それが、4位ながら涼凪ちゃんの存在です。そんな涼凪ちゃん、レピピでもラテでも上位に入ってないのに、ここだけ入ってくるあたり、さすがはニコ読さん。

ちょっとここで、直近の2年のラブトキイメモを振り返ります。2017年イメモの青島妃菜さん、2016の山本優奏さんといえば、それぞれ部長でも副部長でもないコ。もっと言えば、イメモになるまで表紙経験がゼロだった山本さんに、それまでたった1回だけだった青島さん。

こうしてみると、両者とも決して推されているわけでも、読者から圧倒的大人気というわけでもないものの、モデルとしての適性&ブランドのイメージとの合致が認められ、イメモに抜擢されたたことがわかります。

ということで、ラブトキのキーワードは、まさに「おしゃれ」「クール」「かこいい」「スタイルがいい」。ラブトキのイメモは、他のブランドの選考とちょっと異なり、人気や実績に左右されることなく、モデル適性が評価される傾向にあることは確かなところ。

であれば、身長169でスタイル抜群。ニコプチ時代からモデルとしての適性の高さが評判だった涼凪ちゃんこそラブトキのイメモにふさわしいのかもしれません。

美愛ちゃんの存在

最後に、ここまで特に触れてこなかった美愛ちゃんのイメモ就任の可能性について検討します。

改めて投票結果のグラフを見てみると、美愛ちゃんは、3つのブランド全てに名前があることが分かります。しかも、レピピ以外、ラテでもラブトキでも2位という好成績。

こうしてみると美愛ちゃんは、読者人気の高さと同時に、どのブランドのイメモでも行けるというオールマイティーが魅力といえそう。

であれば、ここまで見てきた通り、特定のブランド、特定のケースでのみ強みを発揮する涼凪ちゃんや響ちゃんと異なり、どんなケースにも対応できる点が売り。実質、アスシオで2枠確定となる中、その対応力の高さから、残り1枠に入る可能性が最も高いのが美愛ちゃんと考えられます。

パターン分け

ということで、具体的な予想に入ります。手順としては、汐梨ちゃんのレピピを確定とし、あとはもう1人のイメモ確定者とされる明日香ちゃんがラテに来るか、ラブトキに来るかでパターン分け。それぞれのケースごとに、残り1枠を埋めていく形となります。

まずは、明日香ちゃんが予想通りラテに来た場合。ラブトキは、オールマイティー型の美愛ちゃんか、または適性重視で涼凪ちゃんとします。

一方、明日香ちゃんがラブトキに行った場合。こちらは、ラテにまたまた登場の美愛ちゃんか、もしくは美愛ちゃんに迫る23%という高い支持を得た響ちゃんとします。

編集部はラテ推し

ここから、さらに予想を絞っていきます。そのために着目するのが、ピンクラテと編集部との関係です。

さてここで、ラテ、ラブトキ、レピピの3つのブランドのうち、1番最初にニコラに登場したのはどれだと思いますか?

現ラテイメモの香音ちゃんがまだまだ3代目である点、イメモ参戦としては最も新しい部類ながら、意外にもラテこそが最古参。最も古い付き合いだったりします。

であるからこそ、初代が高嶋芙佳さん(フウラテ)、2代目が鈴木美羽さん(ミウラテ)、そして香音ちゃん(ノンラテ)といったように、いずれも当時の読者人気(建前上?)ナンバーワンとされる部長をイメモに差し出しているわけです。

となれば今年も、この伝統に乗っからない手はありません。何度も言っているように、部長は明日香ちゃん想定ですので、上記パターン分けについては「アスラテ」一本に絞ります。

終結

以上まとめると、汐梨ちゃんがレピピ、明日香ちゃんがラテ。で、残るラブトキについては、美愛ちゃんのケースと涼凪ちゃんのケースの2パターンを用意しました。

とくにラブトキといえば、前回の青島さんはもちろん、前々年の山本さんの場合も、イメモ発表の際は、読者にちょっとした意外性をもって受け止められたのは記憶に新しいところ。だからこそ、あえて意外性の涼凪ちゃんに期待してみます。

ということで最終結論。「シオレピアスラテミアトキ」を本線に、押さえで「シオレピアスラテスズトキ」。この2パターン予想を結論とします。