三月の転校生 Season3

ニコラ・ニコプチのモデルさんに関する日記

新ニコモ加入予想!ニコラ新モは冬にやって来る法則

ニコモになる方法

f:id:GYOPI:20171226014548p:plain:rightニコラの専属モデルになる方法については、この場で今年の春あたり、実に4回にわたる連載で詳しく解説してきました。(⇒参考:ニコモになる方法2017

まだ読んでないという人は、上のリンクから見てもらうことにして、ここで簡単に整理しておくと、(1)オーディション、(2)ニコプチ進級、(3)顔みせの3つに大別されるわけです。

で、ハッキリと加入時期が決まっているオーデ(10月号)と進級(7月号)は置いておくとして、ポイントは顔みせによる新モちゃんがやってくるのは、いつなのかという点。

ということで、今日の三月の転校生では、第3のニコモになる方法としての顔みせについて、その加入時期を整理&予想します。

出自を整理

本題に入る前に、まずは最新の現役ニコモの出自、つまりはどうやってニコモになったかをまとめます。

現時点において、ニコラのモデルになるには、最初に書いたとおり、オーデ、プチ進級、顔みせの3つの方法しかありません。

では、それぞれ内訳はどうなっているのか。現役27人の構成比をグラフにしてみましたので、ちょっと見てください。

現役ニコモの出自別構成

f:id:GYOPI:20171226014607p:plain

レッドリスト

この通り、現在のニコラのモデルさんには、オーデ出身が22人。ニコプチからやってきたのが3人。そして、顔みせ加入はというと、たったの2人ということになります。

最も新しい顔みせ加入が、今年の2月号の草野星華ちゃんで、その前となると、さらに2年ほど前。2015年4月加入の清原果耶さんまで遡らなければなりません。

こうして、毎年定期的に1人すら入ってこない状況にある現在、もはや顔みせ組は絶滅危惧種といえそうです。

加入年表の見方

以下、本題。まずは、この「ニコモ加入年表」の最新版を見てください。これは、ニコラに新モが加入した際、それぞれ初登場となった号を示したものです。

とりあえず、今年から過去5年分さかのぼった2012年以降のデータ。今回は新たに21回オーデ加入の新モ6人も書き加えてあります。

新モ初登場年表

f:id:GYOPI:20171226015446p:plain

冬にやって来る!

こうしてみると、完全にニコラの新モ加入時期は、パターンが決まっていることが見て取れます。

7月号でプチ進級組が、10月号でオーデ組が加入することは、ニコ読さんには周知の事実ですが、基本的には不定期加入とされる顔みせ組にも、1つのパターンがあったのです。

それが冬にやってくる法則。上の年表からも明らかな通り、顔みせ組の加入は、まさに1月号から4月号の間に限定となっていて、1人の例外もないのです。

なぜ冬限定?

顔みせによる新モの加入が、各年の1月号から4月号に限定される理由としては、やっぱり邪魔にならないことが優先されるためと考えられます。

具体的には、「卒業の邪魔をしない」「オーデの邪魔をしない」「新モの邪魔をしない」の3点。

たとえば5月号は、毎年決まって新高2となった部長&副部長世代の卒業特集があります。そんな祝福ムードの中、イキナリ新モが入ってきても場違いなだけです。

また、6月号からはオーデの募集がスタートします。ここでは、せっかくオーデという公平な手段により、普通の読者たちがモデルを目指そうとしている中、事務所に所属するコがある日突然オーデも受けずにイキナリ入ってきても、反感を買うだけです。オーデの盛り上がりに水をさすことになってしまいます。

で、最後が新モの邪魔をしないこと。これは、10月号で毎年のオーデ合格者が発表されるわけですが、そこから少なくとも数ヶ月は、新モちゃんたちの読者への浸透に力を注ぎたいところ。この時期は、新モ特集を通じて、読者に顔を売る期間であり、やっぱり顔みせ加入は難しいわけです。

現役3人目の顔みせ

ということで、オーデ期間&合格発表、さらには新モ浸透の期間が一段落した年末以降、年明けから冬の終わりにかけて。

つまりは、1月号から4月号こそ、まさに絶好の空白期間として、顔みせによる加入が行われることになるのです。

ここまで整理できたところで、では、この冬はどうなるのでしょうか。現役としては、清原さん、星華ちゃんに次ぐ、3人目の顔みせ加入はいつあるのでしょうか?

2月号こそ本命

改めて加入年表を見てください。まずは、3月号加入がゼロなことに注目。この分だと、おそらく2018年も3月号加入はないはずです。

一方で、4月号加入はどうでしょうか。2012年の4月号加入である岡本夏美さんは、当時専属モデルを務めてたラブベリーが休刊したことによる移籍。ラブベ休刊が3月号で、その後、直通で4月号からニコラに加入するという特殊ケースです。

また、清原さんは2014年の秋にアミューズの新人オーデに合格後、レッスンや準備期間を経て、本格的に芸能活動を開始したのは2015年の年明けから。ということで、必然4月号加入がギリギリだったという事情があります。

となれば、本命は1月号加入&2月号加入に絞られます。その上、2018年1月号での加入はなかったため、残るは2月号加入しかありません。

まとめ

ということで結論です。今週12月28日発売となるニコラ2018年2月号にて、去年の星華ちゃんに続き、2年連続で顔みせ加入による新モの誕生がある。

しかもしれは、東京ガールズオーディション2017の第4次ドラフト審査でニコラ編集部から"札"が上がったコの中の誰かである。

そしてもちろん、そのコは現役に若林真帆ちゃん&小林花南ちゃんの2人だけしかいない現中1である。

・・・といった完全な星華ちゃんパターンを踏襲した予想をしてみたところで、今日の日記を終わります。