三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

所属事務所で分かる!?新ニコモの期待度&将来性

所属先から

f:id:GYOPI:20170402022519p:plain:right前回の日記で書いたとおり、今年のニコラモデルオーディション合格者6人の所属事務所が決定しました。

例によって今年も、スターダストやアミューズエヴァーグリーンといったおなじみのところにそれぞれ所属が決まっていったわけですが、では、どこの事務所に入ったコが有利なのでしょうか。将来の活躍が約束されるのでしょうか。

その答えを得るため、去年までの過去10年に実施された、10回分のニコモオーデ合格者、全50人について、それぞれの引き受け先となった所属事務所と、ニコラでの活躍度のデータを集計し、各事務所をランキング。

これを今年の合格者6人に当てはめ、今期オーデ出身のうちで最も期待されているのは誰なのか。将来のエース候補&部長候補を占います。

表の見方

まずは、2007年から2016年まで、過去10年分のニコモオーディション出身者の所属先から確認します。10回分の合格者、全50人の所属実績は、以下の一覧の通りです。

合格者を引き受けたのは全部で13の事務所。その人数に応じ、1位から13位まで、ランキングしました。

表中の右側の欄には、オーデを経てそれぞれの事務所に入った代表的なニコモの名前をあげています。

なお、過去の実績から2017年の合格者の行方を占うことが目的ですので、当然今年の合格者の採用実績はデータに入っていません。

過去10年分オーデ出身者の所属先

f:id:GYOPI:20171008015200p:plain

4大事務所

最も多い10人を引き受けたレプロが第1位。以下、9人のアミューズ、8人のオスカー、そして7人のスターダストと続きます。

あとは、そこからちょっと間が開いて、5人のエヴァーグリーンと、3人のライジング。残りは、1人か2人の少数事務所となっています。

と、ここまでは単に多いか少ないかの「量」の問題。続いては、どれだけ人気モデルに成長したかといった「質」についてみていきます。

部長(副部長)&イメモ実績

f:id:GYOPI:20171008015310p:plain

質量ともにレプロが1位

上のランキングは、同様に過去10年分のオーデ出身者について、「部長」「副部長」「イメモ」に就任したコが何人いたかを、事務所ごとに延べ人数で集計したものです。

すると、部長1人(古畑星夏さん)に、副部長も1人(久間田淋加さん)。さらにはイメモが4人(青島妃菜さん他)と、圧倒的な実績を誇るのがレプロ。

採用人数的にも1位ですが、単に数が多いだけでなく、こうしてしっかり質も伴ってのもの。ニコラにとって最重要事務所はレプロであることがハッキリと分かります。

勢いはアミューズ

また、実績的にはレプロに遅れを取りますが、現副部長の清原果耶さん(顔みせ加入のためデータ外)に、去年の部長鈴木美羽さん、さらには2年前の副部長中村里帆さんといったように、3年連続で部長(副部長)を輩出しているアミューズの勢いも見逃せません。

一方のスターダストは、香音部長や、イメモの永野芽郁さんをはじめとするエース級の大物が、オーデ引き受けでなく、顔みせ加入に偏っているのが気になるところ。

実際、「オーデ出身⇒スターダスト所属」コースといえば、ここ3年の間、ただの1人も部長&副部長はおろか、新たにイメモすら出せておらず、スターダストはプロ専用が定着しつつあるといえます。

期待は?

ということで以上まとめると、最近のニコラのトレンドは、明らかにレプロアミューズのツートップ。

であれば、この「出世コース」とされる、いずれかの事務所に所属が決まった新モちゃんこそが、さっそく将来の部長、副部長、イメモへの道に1歩近づいたことになります。

では、今年のオーデ合格の新モちゃんのうち、そんな2大事務所へと配属されることとなったのは、誰だったでしょうか?

21期ニコモの所属先

f:id:GYOPI:20171008020049p:plain

将来の部長候補へ!

すると、今期のレプロ採用はゼロ。で、アミューズに決まったのが、歴代最年少となる小5合格の組橋星奈ちゃんとなります。

そもそも、大本命のレプロ不在となれば、もはや星奈ちゃん1強といった様相を呈してくるところ。

ですが、あえて相手をあげるなら、オーデ系不振のスターダストでも、位置づけ5位のエヴァーグリーンでもなく、意外なところでエイベックスなんてどうでしょう。

なにしろ今回、満を持して初めてニコモオーデ出身を引き受けたことでも話題となっているわけで、まさに池未来実ちゃんこそ、特別枠として推したいところです。

新モ人気投票2017

f:id:GYOPI:20171008022649p:plain

まとめ

偶然にも(というかむしろ必然?)、うちの新モ人気投票において、1位の未来実ちゃん&2位の星奈ちゃんの2人が、3位以下を大きく引き離し、トップを争っています。

まさに、ここまで検討してきたことの裏づけでとなるわけで、「事務所の配置」と「編集部の期待度」の間に、ある程度の関連性が見て取れます。

ということで、結論。おそらく来年は、未来実ちゃん&星奈ちゃんの2人が、新モの中心として推されてくるはず。あとは、順調に読者人気も伴ってくれば、早くも将来の部長候補確定といえそうです。