読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

岩崎春果ちゃん降格!?プチモ格付け2016秋

全員企画の意義

f:id:GYOPI:20160703031620p:plain:rightニコ☆プチ12月号のメーン企画は「オールプチモ私服特集」。そのタイトル通り、現役プチモの全員が登場し、コメント入りで私服を披露しています。

で、こういった全員企画におけるポイントは、なんといっても各プチモごとの掲載スペースの大きさです。

その大小を比較することで一目瞭然。最新の編集部によるプチモの推し具合を、ハッキリと知ることが出来るわけです。

A/B/Cの3区分

今回の特集のスペースは3種類。最大(Aランク)が1/2ページ。2番目(Bランク)が1/3ページ。そして最小(Cランク)が1/4ページとなります。

また、振り分けられた人数は、それぞれAランクが2人。Bランクが6人。Cラングが8人となっています。

なお、黒坂莉那ちゃんのコメントに「2回目の私服企画キター」とあるように、この全員私服特集は2015年10月号以来で約1年ぶり。

そこで、去年の企画も経験している莉那ちゃんはじめとるする9人については、前回と今回とを比較して、スペースランキングの上昇(↑)・下降(↓)についてもカッコ内に矢印を表記しました。

格付け2016秋

Aランク
・黒坂莉那 ()
・高田凛  (初)

Bランク
・岩崎春果 ()
・西川茉佑 (→)
・安村真奈 (初)
・夏目璃乃 ()
・林芽亜里 (初)
・千葉泉恋 (Cランク
・阿部ここは(初)
・大野みさき(→)
・乃亜   ()
・鈴木伶奈 (→)
・殿内虹風 (→)
・石井香帆 (初)
・庄司凜花 (初)
・山内寧々 (初)


Aランク

表紙回数単独トップのエース莉那ちゃんが最大スペースであることは、誰もが納得だと思いますが、その相方として、意外にも高田凛ちゃんが大抜擢。

現プチモのツートップとして、当然にもう1人のAランクは岩崎春果ちゃんで決まり!という読者の大方の予想を裏切ってきました。

この点、凛ちゃんの「着まわし主役⇒初表紙」という次期エース候補としての起用はもちろん、その読者人気の高さからの抜擢といえますが、同時に、春果ちゃんの他のお仕事との関連も大いにアリそうです。

2号連続で表紙ナシ

実際、春果ちゃんは2号連続で表紙ナシ。また、12月号でいうと113ページの「イベントカレンダー」においても、ファッションブランド系イベントへの出演はゼロ。莉那ちゃんがほぼ完全出席なのとは、まさに対照的です。

もちろん、去年の今ごろに比べ、明らかに春果ちゃんの登場が減ったのは、本格的に原宿駅前パーティーズとしての活動が始まり、そのレッスンや公演が入ったからに他なりません。

ということで、去年10月号では最大スペース(Aランク)だったのが一転、今回のBランクへの格下げも、単純にお仕事の優先度の問題といえそうです。

Bランク

すでに春果ちゃんについては書き終わりましたので、その他の5人について。お初組からは、2回連続表紙で絶好調の安村真奈ちゃんと、メゾイメモ就任で一気に注目度アップの林芽亜里ちゃんがランクイン。

西川茉佑ちゃんは、前回同様にBランクを維持。8月号で初表紙となったスタイルナンバーワン夏目璃乃ちゃんと、なんだかんだいって実は根強いファンを抱える安定の千葉泉恋ちゃんが、みごとCランクからBへと昇格です。

Cランク

あとは、最小スペース組。阿部ここはちゃんをはじめとする新人さん4人に、前回と同ランクの鈴木伶奈ちゃんら先輩組3人。

と、ここまではとりあえず納得ですが、問題は表紙経験者でもある乃亜ちゃんが、ここに入っていること。

去年10月号で初めて表紙&北海道ロケに参加し、当時新人ながら早くもBランクを獲得。その後も"ハーフの美人プチモちゃん"として、圧倒的な存在感&人気を誇る乃亜ちゃんですが、なんと今回、Cへと格下げとなってしまいました。

まとめ

思えば、初表紙からすでに1年と2ヶ月。なかなか2度目の表紙が来ない乃亜ちゃん。でも、12月号5ページ「プチナビ」のところなんて見ると、ホント美人さんだということが分かるし、もっともっと登場して欲しいもの。

たしかに、福岡からお仕事のたびに飛行機で上京するのが大変だったり、小6ということでプライベートでもいろいろあるのかもしれませんが、三月の転校生では、常々ルックスはプチモナンバーワンと書いてるように、大好きなプチモちゃん。

そんな乃亜ちゃんには、格付けスペースなんかに負けず、残り半年となったプチモの任期、2度目の表紙を目指し、さらなる活躍を期待したいと思います。