読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

りんかちゃんがいっぱい

ニコラ

同名モデル同時存在

f:id:GYOPI:20151010004307g:plain:right前回の日記では、「のあ」という名前のモデルさんが、ピチレモンとニコプチの2誌にそれぞれ1組ずつ、計4人存在するケースについてまとめました。

今日はその続編として、こんどは1つの雑誌の中で、同じ名前のモデルさんが最高何人まで同時に存在するか、もしくはしたかについてです。

4人の「りんか」

すると真っ先に思い浮かぶのが、現在のニコラ専属モデルの「りんか」ちゃん。

それほどありふれた名前ではないはずですが、なんと現役のニコモに、大谷凜香ちゃん、清水凜花ちゃん、久間田琳加ちゃん、そして藤本林花美愛ちゃんと、4人も存在するのです。

いずれもが「りんかちゃん」ですので、それぞれニックネームで、りんりん、みずりん、リンカ、リリと呼び分けられています。

ではピチレは?

ニコラの同時に4人というのはすごいし、一見、これが中学生雑誌における歴代最多にも思えますが、実は、この記録を上回る数の同名モデルが存在した雑誌がありました。

それがピチレモン。時期は2000年代の前半ですので、今から10年以上も前の話。ニコラに部数の面でも大きく差をつけてナンバーワンだった、ピチレの全盛期でもありました。

5人の「みほ」

ちょっと調べてみると、2002年の10月から約1年の間、ピチレには浅田美穂さん(02年6月~)、久米田美穂さん(00年10月~)、井上美帆さん(02年10月~)、広重美穂さん(00年10月~)、御前美帆さん(02年6月~)といった5人の「みほ」が同時に存在しています。

当時のピチレは、ピチモにニックネームが割り振られておらず、単に下の名前で呼ばれるのが普通だったのですが、さすがに5人そろった「みほちゃん」に関しては、誌面でそれぞれ、あさみほ、くめみほ、ミニミホ、プリン、ミホと呼び分けられていたようです。

まとめ

ということで、前編・後編と2回にわたって、小中学生雑誌モデルの「名前の被(かぶ)り」について見てきたわけですが、どうだったでしょうか。

ある面、名前にはブームがあり、各自生まれた当時の「はやりの名前」があることから、同年代のコの間においては被るケースも珍しくありません。

しかし、さすがに1つの雑誌で同時に4人・5人となってくると全く別。まさに奇跡の類(たぐい)といえそうです。