三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

シンデレラオーデ合格発表

シンデレラオーデ2014

f:id:GYOPI:20150315003838j:plain:right本日14日、ナルミヤの公式サイト上にて、同社主催のモデルオーディションである「シンデレラオーディション2014」の合格者が発表されました。(⇒参考:グランプリ発表

2005年に第1回がスタートしたシンデレラオーデ。本日発表されたのが、記念すべき第10回大会の結果となります。

ということで、以下、今回の合格者を見ていくわけですが、その前に、そもそもシンデレラオーデとは何なのか。ピチ読にとって、どう関係があるのか、基本事項から整理してみます。

シンデレラオーデとは?

ファッションブランドナルミヤ・インターナショナル」が主催するモデルオーディションです。

公式サイトに、「グランプリに選ばれたコは1年間、ナルミヤの公式オンラインショップにてモデルとして活躍する他、各ブランドブログにてブロガーとして活躍する」とある通り、合格者には、同社ブランド服のカタログモデルを中心に、その他、PR役として、イベント出演や雑誌広告など、様々なお仕事の場が用意されることになります。

シンデレラオーデの特性

応募総数は、毎回3000人前後で定着。大手事務所の主催する有名オーデと比べ、知名度も規模も小さくなります。

しかしそれでも、モデル特化のオーデであること、人気有名ブランドの主催であること、そしてなにより、ニコプチはじめ、ピチレモンやニコラなど、小中学生雑誌の専属モデルへの道も開かれていることから、特にモデル志望のピチ読にとって、注目すべきオーデであるといえます。

シンデレラオーデ出身のピチモ

では、そんなシンデレラオーデ出身のピチモは、誰がいるのでしょうか。最も身近なところで、現役ピチモから見てきます。

まず、なんといっても、第5代グランプリ(2009年度)の田尻あやめちゃんがあげられます。ちょうど今月号でピチレは卒業となりましたが、各実施回の第1位である"グランプリ"獲得者としてピチモになったのは、今のところ、あやめちゃんだけ。

一方、純粋な現役として、杉本愛莉鈴ちゃんは、第6回大会(2010年度)の準グランプリ受賞者。山崎紗彩ちゃんは、第7回大会(2011年度)のポンポネット賞受賞者となります。

また、ピチモ卒業生では、反田有沙ちゃんも、第2回大会(2006年度)の審査員特別賞受賞者で、それから約1年後、ピチレに非オーデで加入しました。

アイドルとして活躍するケース

その他、ピチレ以外で活躍するシンデレラオーデ出身者のケースを見ていきますが、同オーデは、基本、ニコプチがメーンコースとなります。

で、そんな専属モデルコースの場合、ニコプチを経由して、ピチレやニコラへとステップアップしていくわけですが、中には、NMB48に入った内木志ちゃん(2010年度)、アイドリング!!!に入った古橋舞悠ちゃん(2010年度)、乙女新党に入った長谷川愛里ちゃん(2012年度)&あやめちゃん、X21に入った紗彩ちゃんなどなど、アイドルとして活躍するケースも多くあります。

ということで、ピチレ以外で活躍するケースについては、以下の「歴代シンデレラオーディション合格者リスト完全版」で、確認してみてください。

2014年度グランプリは?

で、ようやく本題。本日発表されたグランプリ、各ブランド部門賞、準グランプリは、以下の一覧の通りです。

この中から、近いうちに、非オーデでピチレにくるコが出るかもしれませんし、将来大物になコが出てくるかもしれません。とりあえず、公式サイトの方で顔を名前だけでもチェックして、気になる子を見つけおくのもいいのではないでしょうか。

シンデレラオーデ2014受賞一覧

グランプリ:彩恵
mezo piano賞:大竹伶奈
pomponette賞:沓掛真珠
BCG賞:柴田誠子
リンジィ賞:山崎友莉花
Love toxic賞:小黒詩
準グランプリ:阿部夢梨、大沢亜未、貝瀬彩菜
       鈴木伶奈、高石あかり、三根しいな
       森田さくら、吉岡由梨菜、SALA

歴代合格者リスト完全版

シンデレラ違い

なお、シンデレラはシンデレラでも、上白石萌歌ちゃんや小川涼ちゃんを発掘した「東宝シンデレラ」オーディションとは、まったくの別物。

よく混同されることがありますが、東宝の方は、もちろん大手事務所の東宝芸能が主催する女優系オーディション。応募総数4万を誇る、日本を代表するオーデとなっています。

年度表記

また、シンデレラオーデは、その年度表記についても、誤解しやすいところで、注意が必要です。

今回発表されたのは、「シンデレラオーデ2014」ということで、見ようによっては、「あれっ?1年前」と思ってしまうかもしれません。

しかしこれは、同オーデが、学校と同じように、4月から3月までを1年とする「年度制」を取っいることによります。

つまり、2014年の秋に応募が開始され、書類審査を経て、年末にファイナリストが決定。その後、ネット投票などを実施し、年が明けて3月になって、最終合格者が決定するという流れ。

よって、2015年の3月に発表されるのが「2014年度グランプリ」であり、この表記形式は初回以来、変わっていません。

ということで、「シンデレラオーデ2015」の応募スタートは、今年の秋ころ。今回のピチモオーディションがダメだったという人は、ぜひ、こっちの応募も考えておいてください。三月の転校生でも、募集が近くなったらお知らせします。