三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

「アネピチ」再び?

アネピチとは?

高校生雑誌「アネピチ」。正式名称「annex pichi」。ピチレモンの"お姉さん誌"という位置づけで、学研より、2003年の8月に創刊されました。

創刊号は「2003年 秋号」。年4回発行の季刊誌としてスタートします。続く第2号で「2004年1月号」と、なぜか"冬号"ではなく"月号"表記に変更。そのまま、ちょっと間をおいて、第3号が「2004年5月号」。

アネピチ」から「ファプリ」へ

しかし、「アネピチ」は、この3冊でとりあえず打ち止め。代わって、2004年の7月号から一転、タイトル自体が変更となります。新誌名は「fapri」。ファプリと読み、「ファッション・プリンセス」の略。

同時に、ここから季刊(3カ月に1回発売)を改め、隔月刊(2カ月に1回)となり、以後、9月号、11月号、明けて2005年1月号と続きます。

ファプリ休刊へ

こうして、一見順調に見えたファプリ。ですが、すでに、ピチレやニコラを卒業した世代を対象とした雑誌は多く、思うように部数が伸びません。

当時、ファプリのライバル誌としては「セブンティーン」「ノンノ」「ポップティーン」など多数あり、いくら「専属モデルは、ピチモ卒業生」「栗山千明ソロ表紙!」「宮崎あおい登場!」「長澤まさみ巻頭!」を売りにしても、所詮ピチレの延長にすぎず、そろそろ限界。

健闘むなしく、2005年1月号をもって、ファプリ休刊の運びとなりました。ピチレのお姉さん誌として、アネピチ3冊、ファプリになって4冊、合計7冊の実績をもって終了です。

アネピチファプリ表紙ギャラリー

f:id:GYOPI:20140921030450p:plain

f:id:GYOPI:20140921030503p:plain

表紙解説

アネピチファプリ、全7冊の表紙一覧です。すでに両誌ともに公式サイトも無く、ネットで探してもなかなか画像も見つからなかったので、とりあえず管理人の私物です。

まず、アネピチから。創刊号が大沢あかねさん&末永遥さんのツーショット。第2号が宮崎あおいさんソロ。第3号が大沢さんソロ。

ファプリになって第1号が大沢さんセンター。第2号が長澤まさみさんソロ。第3号が酒井彩名さんソロ。そして、ラストが栗山千明さんソロ。

こうしてみると、やっぱり表紙モデルは超豪華。大物中の大物を中心に、やけにソロ表紙が多いのが特徴です。

アネピチ再び?

そして今、休刊から10年の時を経て、なにやら、来年のメモリアルイヤーに向け、アネピチ復刊の気配もチラホラ。具体的には、今月号の読者プレゼントアンケートハガキ。

質問タイプ「E」のアンケート項目には、「お姉さん雑誌が出たら買うか」「値段はいくらまでなら出せるか」「ピチレを卒業したら何を読むか」といった感じで、やけにお姉さん雑誌に関する質問が目につきます。

もちろん、復刊という形ではなく、全く新しいピチレのお姉さん誌の創刊という形をとるかもしれないし、1号限りの「別冊ピチレモン」といった形をとるかもしれません。そもそも、復刊自体の話もナシになるかもしれません。

それでも、いずれにせよ、「キラピチ」に続いて、今後、ピチレの姉妹誌が出てくるのか出ないのか。ちょっと注目していきたいと思います。