三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

まりりん歴代初の快挙!

ピチレモン10月号データ&感想f:id:GYOPI:20140829125054j:plain:right

ピチレモン2014年10月号の「登場数ランキング」と「目次別登場モデル一覧」が出来あがりました。また、感想は、杉本愛莉鈴ちゃんの快挙と、最近のピチレの方針について書いてみました。

いつものように、登場ランキングと感想は、このまま続けて本日の日記分として記述。登場リストは、姉妹サイト「ピチレモンWiki」の方に掲載してありますので、以下のリンクからチェックしてみてください。

10月号データ

2014年10月号ピチレモン登場ランキング

 1位 杉本愛莉鈴  11
 2位 福原遥    10
 3位 関根莉子    9
 4位 小川涼     8
 5位 山口乃々華   6
 〃 鶴嶋乃愛    6
 7位 田尻あやめ   5
 〃 五十嵐ありさ  5
 9位 優希美青    4
 〃 井頭愛海    4
 〃 長崎すみれ   4
 〃 石田美月    4
 〃 山本花織    4
 〃 大原優乃    4
 〃 岡田結実    4
16位 上白石萌歌   3
17位 森高愛     2
 〃 中山咲月    2
19位 佐々木莉佳子  1
 〃 荒川ちか    1
 〃 志田彩良    1


まりりん初の単独トップ!

今月号の登場数トップは、常連の福原遥ちゃんでも、関根莉子ちゃんでもなく、なんとなんと、今年のオーデ新ピチモである杉本愛莉鈴ちゃん。

本誌をパラパラめくっていると分かる通り、今月の愛莉鈴ちゃんは、ファッションページ&バラエティページはもちろん、ヘアアレ事件簿に、ディズニーデート、さらには次号予告まで、とにかく最初からおわりまで、いろんなページにバランス良く登場。エース"りこはる"を押さえ、堂々の1位です。

歴代初の快挙!

でも、何がすごいかって、それはもちろん愛莉鈴ちゃんのピチモ歴。もちろん、小4の秋からニコプチに登場しており、通算するとそのモデル歴は、今ちょうどキッカリ4年を迎えるところ。

実際、愛莉鈴ちゃんのモデルとして実力が、すでにピチモトップクラスなのは間違いないですが、それでも、ピチレでは新人さんで、ピチモになって、まだまだわずか3カ月。

そんな状態で、今回、イキナリの登場数第1位となったわけです。とにかく、早くもこれだけ多くの出番が与えらえたということで、いかに愛莉鈴ちゃんが編集部から期待されているか、信頼されているか、推されているか分かるというもの。

ちなみに、ピチモ歴3カ月にして、登場トップというのは、もちろん歴代初となる大記録です。今回、こうして愛莉鈴ちゃんが一気に将来のエース候補と位置づけられたわけですが、となると、さっそく初表紙や、まりりん100質も見えてきます。

個人名を冠したファッションページ

8、9月号あたりから、ちょっと気になっていた人も多いと思いますが、今月号でハッキリしました。主に、ファッションページについて、そのタイトルの頭に、バンバンピチモの個人名(愛称)が付くようになったのです。

たとえば、「はるんがコレ買う!」「のあにゃん姉みえスカート」「すーちゃんのえりもとSTYLE」「りったんのトレンド」「モカみおみっきーが着こなす!」などなど。

とにかく、各ページのタイトルに、「○○ちゃんの」といった感じで、登場モデルの名前が入り、今まで以上にピチモの存在が前面に押し出される格好になりました。

ぽんぬ編の英断

一般的に、ファッションページは「モデルではなく服が主役」「服を見せること・目立たせることが大事」とされ、実際、したり顔で分かったようなことを言うモデルもいますが、少なくとも中学生雑誌においては、そんなもの「タテマエ」にすぎません。

ぶっちゃけ、そりゃモデルです。そもそも、モデルが目立っていけないなら、最初からマネキンに着せればいいのです。憧れのピチモが着ているからこそ、その服が欲しくなるわけです。

ということで、ここ最近に顕著な「ページタイトルにピチモ名を入れる」「担当ピチモをハッキリ表示する」という変更は、そこらへんを、ちゃんと分かった上で、ピチモ自体をアピールする方針に転換した、上原編集長の英断といえそうです。