三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

キラチャレ決勝を前に飯豊まりえさんの出自を考える

キラチャレ2017

f:id:GYOPI:20171108033146p:plain:rightいよいよこんどの日曜日、11月12日は、キラチャレ2017の決勝大会です。

その日のうちに、モデル部門では「ニコプチ賞」が決定&発表され、来年4月号から加入となる新プチモちゃんも判明することになります。

ということで、今年のキラチャレまであと5日となった今、改めて歴代キラチャレ出身のプチモ加入者を整理してみます。

キラチャレ⇒プチモコース

f:id:GYOPI:20171108035540p:plain

ニコプチ賞とは?

キラチャレにおいて、ニコプチ賞という独自の賞が出来たのは、2009年実施分から(プチモ加入は2010年から)。

この賞を受賞すると、ニコプチ専属モデルになる権利が得られ、年明けに最初に発売となる号、つまり4月号から新モとして加入となります。

そんなわけで、まだニコプチ賞が存在しなかった時代である2007年の中島愛蘭さんは、モデル部門全体で「準グランプリ」を受賞し、ニコプチ入りしたことになります。

飯豊さんはキラチャレ出身ではない

一方、次が問題となる2008年の飯豊まりえさん。ときどき、キラチャレの広告や、キラチャレに言及した人のブログにつき「マリエちゃんもキラチャレ出身!」といったものを見かけることがあります。

しかし、結論から言うと、飯豊さんは、キラチャレ出身ではなく、そもそもキラチャレとは全くの無関係です。

この点、さすがにウィキペディアの飯豊さんのページは、正確に記されているようで、そこには「キラチャレ」の文字は一切見当たりません。

では、飯豊さんはいったいどうやってプチモになったのでしょうか。キラチャレ出身でなかったとしたら、どんなオーデをきっかけにデビュー&プチモ加入したのでしょうか。

合同オーデ

飯豊さんが、グランプリを受賞し、プチモになる権利をつかんだのは、実はキラチャレではなく、「エイベックス×ニコプチ 公開オーディション」(通称:合同オーデ)となります。

このオーデは、正式名称として、頭に「サンシャインシティ30周年記念」という言葉がくっついている通り、エイベックスとニコプチ編集部が合同で企画した、1度限りの特別なイベントとなります。

で、このグランプリに選ばれると、ニコプチの誌面に登場できる上、エイベックスに所属できるという特典が用意されていたわけです。

ちなみに、もちろん2008年も、本家キラチャレは実施さていて、グランプリは成田有佐さんが受賞していますが、すでに書いたとおり、ニコプチ賞は2009年からスタートした制度ですので、当然この回の同賞受賞者はナシ。

よって、上の一覧表の通り、キラチャレ2008からは、誰もニコプチに加入することもありませんでした。

ごっちゃになってる

ということで、「キラチャレ2008」と「合同オーデ」。同じ年に、同じエイベックスが主催するオーディションから、新たにプチモが誕生したという事実。

こうした一連の経緯が、あれから9年もたった今、いつのまにかごっちゃになり、飯豊さんの出自がキラチャレ出身に変化してしまったというのが真相です。

まあ、エイベックスが自社のキラチャレ公式サイトにて、飯豊さんにつき「キラチャレ出身」に分類している点は、かなり意図的なものも感じてしまいますが。

ニコプチ賞時代へ

さて、2007年&2008年とドタバタしましたが、いよいよ2009年実施分から、ニコプチ賞が新設され、本格的に「キラチャレ⇒プチモコース」が出来あがることになります。

そんな初代ニコプチ賞は、現セブンティーンで、元ニコラの黒崎レイナさん&船橋愛さんのダブル受賞。2人は、ニコプチ2010年2月号から、プチモ加入しました。

以後、キラチャレ2010でのニコプチ賞を受賞(グランプリもW受賞)した、歴代プチモでトップクラスの可愛さ&最も目が大きいとされる福島雪菜さん以降は、毎年1人ずつの加入が続き、去年の受賞者である中村紗亜也ちゃんまで続きます。

まとめ

ということで、キラチャレ2017の発表まであと5日。さてさて、いった今年はどんなコがニコプチ賞を受賞し、新プチモとして入ってくるのか。

2014年は夏目璃乃ちゃん、2015の安村真奈ちゃんと高身長&スタイル完璧系が続いていたところ、去年は一転、紗亜也ちゃんは小柄系。全く傾向は読めないところです。

とにかく、結果はその日のうちにネットニュースになるので、誰もがほぼ同時に新プチモちゃんを知ることが出来るという、年に1度の機会でもあり、今から結果が楽しみです。

鈴木美羽さんで傾向が変化!?ニコラ⇒POPコース

ニコラ⇒POP

f:id:GYOPI:20170402022519p:plain:right今年のニコラ卒業生鈴木美羽さんのポップティーン行きは、発表から5日たった今もまだ大きな話題となっています。

「ニコラ⇒POPコース」は、前回も書いたように4例目となるわけですが、中でも今回の鈴木さんは、これまでの3人と異なり明らかに格上の存在であるためです。

実際、表紙にも「元ニコラ部長」「最強のライバル」とあったり、イキナリ「100質」が掲載されたりと、編集部も強く意識していることがうかがえます。

ということで今日の三月の転校生では、今回の鈴木さんのPOP行きを契機に、ここで改めて"中学生雑誌⇒POPコース"について、とくにニコラとピチレモンを中心に、それぞれの実例と傾向を比較してみます。

POP行きの図解

f:id:GYOPI:20171105023840p:plain

ニコラの場合

ニコラ⇒POPコースの第1号は、2014年5月号でニコラを卒業し、その直後にPOP加入となった藤田ニコルさんです。

藤田さんのニコラ時代は、POP誌上でもかねがね本人が「干されだった」「窓際だった」と語るように、それほど注目された存在ではありませんでしたが、POPという新天地では、こうして大エースにまで成長しました。

続く2015年。今度は、5月号でニコラを卒業した澤田汐音さん&荻原里奈さんが、まさかのセット加入で話題を呼びます。

こちらは残念ながら、荻原さんは学業専念のため途中で引退。澤田さんも現在芸能活動休止中ということで、藤田さん級に大成するに至りませんでした。

傍流から王道

とにかくこうして、ニコラ時代には部長・副部長はもちろん、イメモ(スキンライフ除く)にもなれなかった3人ということで、どちらかというとPOPコースは傍流というのが読者の一般的な認識。

対して、主流派としての部長・副部長級はセブンティーンコースと、相場が決まってたところです。

で、今回。この常識を覆し、正真正銘世代のトップである部長だった鈴木さんの加入ということで、大きな話題となったわけです。

ピチレモンの場合

一方、ピチレモン卒業生によるPOP行きはどうなっていたでしょう。第1号は、一部では前田希美さんとされているようですが、実はその5年前。三輪麻未さんこそが初代POP行きとなります。

で、2番目がその前田さん。3番目が志田友美ちゃん。そして、今月号から始まった人気投票バトルに参戦中で、次世代POPエースとされる鶴嶋乃愛ちゃんに続くことになるわけですが、これらの名前を見るだけで、ピチ読だった人は一目瞭然。

さすがに、三輪さんの加入は時代が離れていますので、後者3人に絞ってみると、もう完全にピチレのトップ、まさにエース勢ぞろいとなっているのです。

歴代全ピチモで表紙回数1位となる28回のゆうみん&4位となる23回のまえのんは言うに及ばず、休刊になっていなければエース確実だった乃愛ちゃん。

まさに傍流系を送り込むニコラとは正反対。ごく一部の例外を除き、セブンティーンという受け皿が無なかったピチレにとって、まさにPOPコースこそトップモデルの行き先だったわけです。

まとめ

中学生雑誌卒業⇒POPコースについて、ニコラのケースとピチレのケースをそれぞれ見てきたわけですが、明らかに両誌の傾向が対極であったことが分かったと思います。

で、今回の鈴木さんのケースが過去の傾向と完全に異なるものであった点、大きな衝撃だったわけで、ニコラのピチレ化とも見て取れます。

ということで、ニコラにとって、2015年のセット加入以来、約2年ぶりとなるPOPコースの復活は、何を意味するのか。今後も部長・副部長級の大物の加入が続くのか。来年以降のニコラ卒業生の動向が注目されます。

歴代ニコラの全モデルさんをまとめた名簿

全モ名簿

f:id:GYOPI:20170814030019p:plain:rightニコラに関するデータサイト「ニコ♥プリンセス」において、創刊以来の全専属モデルをまとめた一覧表ページを作成しました。

単にモデル名だけでなく、それぞれに「どうやってニコモになったか」と「卒業年次」を表記し、"あいうえお順"に並べてあります。

基本パターンである高2の5月号で卒業したモデルさんのみならず、ひと足早く中3や高1で途中卒業となった、たとえば笠井海夏子さんといったところも、ちゃんと入っています。
歴代ニコラ全モ名簿

1番上と1番下

ただし、2000年代の前半ともなると、さすがに一部ハッキリしないところもありますので、「あのコが抜けてる!」と気づいた人や、「空白になってる部分が分かる!」という人は、ぜひデータの訂正・補整をお願いします。

ちなみに、卒業生&現役を合わせ、全部で200人近くもいる中で、五十音順がもっとも早いのが、現役の青井乃乃ちゃん。

一方、もっとも遅いのが、全モ中で唯一の"ワ行"となる若林真帆ちゃん。こうして、表の1番上と1番下を、いずれも現役が占めていたりするもの面白いところです。