読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月の転校生 Season3

ピチレモンのモデルさんに関する日記

秋本莉奈ちゃん、スー読への道!

ニコ☆プチ

スー読予想の実践編

f:id:GYOPI:20170210020108p:plain:right前回の日記では、「スー読昇格5つのポイント」と題して、次号ニコ☆プチで発表となる2017年度の新スー読を予想するための知識を整理してみました。

これにより、スー読への昇格制度や昇格条件について、おおよその仕組みを理解してもらえたかと思います。

そこで今日は、その実践編。次号ニコプチで発表される新スー読に、いったい誰が抜擢されるのか。具体的な読モちゃんの名前をあげつつ、予想してみたいと思います。

前回の復習

まずは改めて、前回提示したスー読昇格の重要条件を振り返ります。ポイントは5つで「1.読モ経験」「2.ニコプチ歴1年以上」「3.現小4&小5」「4.直前4月号に掲載」「5.最後は顔」。

では、これらすべての条件にピッタリ合致するニコプチ読モは誰か。当てはまる中でも、昇格が最も有力なのは誰か。若干、このコになって欲しいという願望込みの予想となりますが、さっそくみていきましょう。

最有力は秋本莉奈ちゃん

ニコプチ誌面初登場は2014年6月号の第4回ジェニーガールオーディションの合格発表。秋本莉奈ちゃんは、"KIDS部門"のグランプリを受賞します。

ちなみに、同オーデ"Jr.部門"のグランプリが、現プチモエースで、当時は読モだった岩崎春果ちゃんというのも何かの縁。2ページ使った見開きで、莉奈ちゃん&春果ちゃんの両グランプリ受賞者が左右に並んで掲載されました。

そんな莉那ちゃん。小4になると、満を持してコーデ選手権に応募。さっそく一発目となる第42回に入賞し、読モデビュー。以後、第43回、第44回、そして第45回と、同選手権に4回連続で掲載されます。

ガルマーモデル

なお、5つの条件からはちょっと外れますが、小4時は同時に第7期ガルマーモデル(ガルモ)にも選出され、現在も活躍中。こちらは、スー読への登竜門といわれるほど、スー読と相性の良いお仕事です。

実際、ガルモ同期には現役スー読の武内愛莉ちゃんがいるし、卒業生としては、1期に深沢明莉ちゃん&小林晏夕ちゃん&廣岡まりあちゃん。2期に横島亜衿ちゃん&日下部美愛ちゃん池田愛。3期に中崎花音ちゃん&吉田莉々加ちゃん。4期に岩城優里ちゃん&長谷川愛里ちゃん。5期に中村りおんちゃん。6期に大森汐莉ちゃん(6期)といった、そうそうたるスー読経験者が名を連ねます。

とにかく、こうしてガルモの各期すべてに必ずスー読が入っているという事実は、ますます莉奈ちゃんのスー読昇格に有利な状況といえます。

莉奈ちゃんで間違いナシ!?

以上まとめると、莉奈ちゃんはコーデ選手権の常連さんとして読モ実績は十分(条件1)。誌面初登場からは間もなく3年を迎えるところであり、ニコプチ歴も十分(条件2)。

現在小4で、学年的にも条件にピッタリ合致(条件3)。もちろん、いま発売中の4月号コーデ選手権にも掲載されています(条件4)。となると、後は最後にして最大のチェックポイントでもある「見た目&読者人気」。

この点、最新の身長が149cmで、最低ラインとなる140を優にクリア。その綺麗で整った顔立ち、小4にして品のある落ち着いた雰囲気は、編集部から高評価なのはもちろん、読者受けも間違いなく良いと断言できます。

ということで結論。三月の転校生としての2017年度スー読予想は、こんど新小5となる秋本莉奈ちゃん1点でどうでしょうか?

むしろ専属候補

ついでに、ちょっと蛇足。上記の通り、昇格条件の全てをクリアした莉奈ちゃんをスー読候補として予想したわけですが、莉奈ちゃんに関しては、たとえ今回、無事に昇格したとしても、そのままスー読で終わるには、いかにももったいない逸材。

かつて、圧倒的な人気と存在感を誇った関りおんちゃんと丸山蘭奈ちゃんの2人は、読モからスー読、さらには専属へと、3段階にステップアップした前例があります。

この3段階ステップアップ組は、りおんちゃんが間にピチレモンを挟んで現ラブベリーのエースに。蘭奈ちゃんは現ポップティーン行きといったように、ニコプチ卒業後の活躍が約束されるコースでもあります。

というわけで、まだスー読にすら確定でない段階であり、多少気が早くはありますが、莉奈ちゃんには、スー読になった暁には、それで終わることなく、ぜひ先輩2人のように、専属目指してがんばってほしいと思います。

2017年度の新スー読は誰?昇格予想5つのポイント

ニコ☆プチ

前倒し

f:id:GYOPI:20161220013658p:plain:right次号ニコプチ2017年6月号において、2017年度の新スー読が発表されます。

スー読の新メンバーについては、これまでずっと、毎年4月のイベント「プチコレ」にて、観覧者だけに初お披露目というのがパタ-ン。

誌面での発表は、そこから遅れて6月22日発売の8月号となっていたところ、今年はどうやら前倒しされるようです。

ということで今日の三月の転校生は、注目の新スー読ちゃんに、いったい誰が選ばれるのか。恒例の昇格予想です。

卒業5名&残留2名

予想に入る前に、現在のスー読7人について、卒業と残留の区別を整理しておきます。(⇒参考:スー読名簿)

ご存知の通り、スー読はプチモより1年早く、新たに中1になると同時にニコプチ卒業となります。

つまり、現在小6のスー読は全員が次の6月号で卒業。一方、現小5組はそのままもう1年継続です。

具体的にいうと、現小6である富本愛琉ちゃん、角紫音ちゃん、増岡ゆあちゃん、石田結耶ちゃん、武内愛莉ちゃんの5人が卒業。現役続行組が吉川有笑ちゃん&熊田ららちゃんの現小5コンビとなります。

補充は4~5人

スー読の定員は、毎年基本5~7人。ということは、有笑ちゃん&ららちゃんが残留ですので、こんど新しくスー読に昇格する読モちゃんは、最低で3人。最多で5人といったところでしょうか。

では、いったい誰が昇格となるのか。以下、「読モ経験」「読モ歴」「年齢」「直前4月号に掲載」「最後は顔」の5つのポイントを基に、さっそく予想に入っていきたいと思います。

1)読モ経験

スー読。正式名称「スーパー読者モデル」。文字通りスーパーな読モということで、いってみれば読モ代表。読モの最上級。読モの頂点。

つまり、ニコプチの読者モデルであることが最低条件であり、事実これまでも、すべてのスー読は、読モから選ばれています。

ということは、新スー読ちゃんは、誰もが必ず過去のニコプチのどこかに出ているといえ、各号のコーデ選手権入賞者の中から、毎回ちょくちょく見かける常連さんで、かつ、ひときわ目を引く可愛さを持つコを探すことになります。

2)読モ歴

ただし、いくら目立った読モちゃんであっても、より重要なのはその読モ歴の長さ

どんなに可愛くても、いまの4月号が初登場だったり、コーデ選手権に出たのが過去1度だけだったりと、ポッと出の"ニコプチ新規さん"が、いきなりスー読に選ばれることは、まずありません。

実際、現スー読の紫音ちゃん&ゆあちゃんは、いずれも小3からニコプチの読モとして活躍しているし、愛琉ちゃんもニコプチKIDS経験者。

さすがに、全員が2年も3年も前からニコプチに出ているわけではありませんが、他誌に浮気せず、ニコプチ一筋。その一途な背貢は編集部への最大のアピールであり、読モ歴は長ければ長いほど強みとなります。

3)年齢

また、予想する上での絶対条件として、年齢(学年)も忘れてはなりません。そもそも、年齢が該当していなければ選考の対象外。さっさと予想から除外できるわけです。

具体的には、すでに書いたようにスー読の任期は小学卒業までとなっていますので、4月から新しく中1となる現小6が選ばれることは絶対にありません。

他方、最低年齢は特に決まっていませんが、さすがにここ数年は現小2や現小3から選ばれることはなく、現小4(小5デビュー)が最低ライン。

唯一、スー読制度が誕生した際のオリジナルメンバーであるアイリーンちゃんが小3で昇格したことがありますが、これは例外中の例外ケースといえます。

ということで、最近の傾向からみても、昇格の可能性があるのは現在小4&小5の2世代に絞って間違いないところです。

4)直前4月号に掲載

あとは、意外と知られていないですが、過去3年でみると実に100%、スー読に昇格した読モは、その昇格発表の直前発売となる4月号に登場しているという事実もあります。

たしかに、直前のコーデ選手権に入賞し、撮影に呼ばれ、誌面に出ていることは、他誌への浮気防止という意味はもちろん、継続性という面からも重要なこと。よって、4月号のコーデ選手権メンバーの中に、必ずスー読へと昇格するコが潜んでいるといえます。

5)最後は顔

最後はやっぱり顔・読者人気です。スー読は、事務所の力や編集部との関係、その他オトナの事情が大きく絡むプチモの選考と異なり、より見た目&読者からの支持が重視されます。

ここで、ニコプチ本誌の読者プレゼントアンケート用紙を見てください。毎回、質問項目の第1問目が「好きなモデル」となっていますが、プチモに限定せず、ちゃんと「読モ含む」となっているところがポイント。

編集部は、こうしてしっかり読者の声を集計しているわけで、この人気ランキングは、確実にスー読昇格の基準の1つとして生かされています。

であれば、事務所云々や難しいしがらみ抜きに、いかにも読者受けしそうな可愛いコや、読者から支持されそうな美人さんが、純粋にスー読に最も近いといえます。

まとめ

ということで、以上まとめると、スー読に昇格するのは「ある程度の長さの読モ経験を持ち、4月号のコーデ選手権に掲載されている、現在小4もしくは小5で、ひときわ目を引く可愛い女のコ」。

さてさて、いったい誰がスー読に昇格するのか。各自、4月号を眺めつつ、さらに2月号、12月号と前の号にもさかのぼって、ぜひ自分なりに予想してみてください。(⇒次回具体的な予想に続きます)

前田優衣ちゃん、同期トップでイベント出演へ

ニコ☆プチ

初イベント

f:id:GYOPI:20161224030604p:plain:rightニコプチ本誌のイベント告知ページにある通り、あさって12日にイオンモール神戸北で行われる「シャチハタ オスモ×ニコプチ スタンプフェス」に、新プチモ前田優衣ちゃんが出演。

本人ブログでも「プチモになって初めてのイベント」と書いていますが、これが優衣ちゃんのプチモとしての記念すべきイベントデビューとなります。

ちなみに、プチモになったのが去年12月の終わりですので、そこからわずか2ヶ月半。オーデ同期でトップなのはもちろん、歴代の新プチモのイベントデビュー時期としてみても、とにかく異例のスピード記録といえます。

2番目は琴楓ちゃん

そんな優衣ちゃんに続いて、同期2番目のイベントデビューとなるのが琴楓ちゃん。こちらは、今月末の阪神梅田本店がデビューとなるわけですが、さらに来月1日からは各ジェニィショップでの本格的なブランドイベントにも出演が決定。

優衣ちゃん同様、新プチモとして、さっそくこれだけイベント予定が入るのはすごいこと。とりあえずは、第5回オーデ組の中から、この2人が一歩抜け出した感じです。

ニコプチ実績

では、なぜ優衣ちゃん&琴楓ちゃんだけが、同期に先立ちイキナリ大きなイベントに抜擢されたのでしょうか。

そこで2人の経歴をたどってみると、優衣ちゃんは、2014年から読モとしてコーデ選手権の常連。まさにニコプチ歴2年半ということで、そこらの先輩プチモよりよっぽど長い上、地元ではシュガプリモデルとしてイベント経験も十分

他方、琴楓ちゃんは言うまでもなくニコプチKIDSモデル時代はエースとして活躍。しかもこちらは2011年からニコプチに出ているという大ベテランさんです。

一躍エース候補へ

こうしてみると、いずれもその実績と経験が買われて、イベントを任されたこと。さらには、編集部からの期待の高さがみえてきます。

ということで、次号以降。優衣ちゃん&琴楓ちゃんについて、どちらかが表紙や着まわし新シリーズの主役に抜擢される可能性含め、プチモとしての活躍がどんどん増えてくるのではないでしょうか。